公式戦でイタリアを追い詰めた日本代表の戦い!FIFAコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会グループAの日本対イタリアのハイライト集!

動画の概要

2013年にワールドカップ2014ブラジル大会のプレ大会として開催された、FIFAコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会グループAで激突した日本代表対イタリア代表の試合ハイライト集です。(動画の長さ:12分10秒)

この試合では、日本がイタリア相手に五角以上の戦いぶりで、世界に衝撃を与えた試合と言っても良いのではないでしょうか!

スコアでは3対4とイタリアに1点差で負けましたが、公式記録ではシュート数が17対12、枠内シュート11対7と日本がイタリアを上回っていました!

得点シーン)

  • 日本1点目:本田圭佑 2:55

  • 日本2点目:香川真司 3:57

  • イタリア1点目:ダニエレ・デ・ロッシ 5:08

  • イタリア2点目:オウンゴール 6:19

  • イタリア3点目:マリオ・バロテッリ 7:05

  • 日本3点目:岡崎慎司 8:37

  • イタリア4点目:セバスティアン・ジョヴィンコ 10:30


個人的に好きなシーン)

  • 川島パンチング: 1:53

  • ブッフォンのアピール: 2:48

  • 日本惜しすぎるシーン: 9:58

  • 日本4点目オフサイド: 10:56


・海外の反応はこちらです!

イタリア:『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「狂ったイタリア」「ザックが恐怖を感じさせる」と自国の代表チームの苦戦を伝えた。日本のシュートがたびたびポストやバーに阻まれたことにも触れ、イタリアは幸運に感謝しなければならないとしている。

イギリス:『BBC』は「日本は本当に素晴らしく、勝利にふさわしかった」とし、解説者を務める元ウェールズ代表のロビー・サヴェイジ氏は「(12月に)フリーになる本田は多くのクラブが欲しがるだろう。素晴らしい勝負だった。ここまで今大会のベストゲームだ」と両チームの戦いぶりを称賛している。

フランス:『ユーロスポーツ』同フランス版は「日本の素晴らしい戦いによって異常な試合となったが、最終的にイタリアがグループ突破を勝ち取った」と伝えた。

韓国:『フットボーリスト』のコラムニスト、ソ・ホジョン氏は「日本は、韓国がもう長年失ってしまっているような素晴らしいプレスとパスワークを見せた」と絶賛。Goal韓国版のキム・ヒョンミン氏も「日本のパスプレーは明らかにアジアのレベルを超えている。韓国はここから学ばなければならない」とコメントしている。

タイ:大手サッカーサイトが「日本のスピリットは見事だった。試合を通してアッズーリに対して攻め続けたが、最後は経験豊富な相手に屈した」と試合を伝えている。

公式戦でイタリアを追い詰めた日本代表の戦い!FIFAコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会グループAの日本対イタリアのハイライト集!の動画はこちら!

動画が見れない場合:Youtubeで見る

関連動画